1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>




--FF14
Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

--マビノギ
© Nexon Corporation and Nexon Japan Co.,Ltd. All rights reserved



--TERA
Published by NHN Japan Corp. Copyright © BlueholeStudio Inc. All rights reserved.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.05.04 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

人形遊び
マビノギにまたもや新たなスキル 人形術 が追加されましたよ

TOP画面もあたらしくなり、こんなにも可愛らしい人形を操作できるようになるのかな?と期待させられますね!


イメンマハの一画にいつの間にやら追加された場所にTOP画像に載っているイケメンNPCヒューがいましたよ

人形術関連のアイテムが売っていたり、ダメージを受けた人形の修理をしてもらえるようです
後はスキルランクがあがると新しいスキルを教えてもらえるみたいですね

人形術を覚えたばかりはこんなにも簡単な作りな人形(マリオネット)

よーし、がんばって人形成長させてみよう!ヾ(●ω●)ノ゙



ランクを上げていく事で人形の見た目も変わるようだったので、ひたすらトレを続けてランク9に!
敵をひたすら攻撃したり、倒していくだけのシンプルな修練〜

髪の毛がはえて、服も簡単なものだけど着るようになりましたよ


更に修練を続けてランク5に〜

髪型がツインテールになって顔もはっきりとしたし、可愛らしい服も着るようになりました
ランクアップで変化するのはここまでのようで
あとは箱からでるアイテムによって見た目が違うものとなるようです
つまりは、TOP画像のような姿にするには箱なんですね〜
このままの姿でも十分可愛いからいいですよねー (ノ´∀`*)


2幕:湧き出る怒り

3連続攻撃スキル
3打目に大きなハンマーをだして高らかに飛び上がりベシーンと強烈な一撃を繰り出します
こんな可愛らしい見た目なのに恐ろしい
ペッタンペッタン
ただ、3打目発動までにちょっとばかし長い気がするのでカウンターを受けてしまう事がよくある気がします( ̄▽ ̄;


4幕:嫉妬の鬼

ボクを中心にグルりと円を描くように周って攻撃
ミルみたいな範囲攻撃っぽいけど、ミルよりもよく吹き飛ぶように感じました
「私のご主人様に近寄るなー!」みたいな感じでしょうか (ノ´∀`*)
人形が嫉妬するとか可愛いものです


7幕:狂乱の疾走
 (操縦術9ランクにてスキル取得)

ハンマーを掲げて力をチャージした後前方へむかって勢いよくグルグル回りながら突撃していきます
よくみてみるとツインテールも回転にあわせてまわっている!?


9幕:目覚める命
 (操縦術ランク5にてスキル取得)

敵を攻撃していると右側に追加されたゲージが貯まっていきMAXになると発動
光を放ち、発動した時に近くにいる敵にダメージをあたえてました
狂乱の疾走後とか連結解除状態になると勝手に敵を攻撃しに動いてくれるようです
あとは攻撃力があがってたり、スキルのクールタイムも若干短くなっている?


マリオネットスキルの修練よりもスキルを覚える為に操縦術のスキル修練の方が各スキルを何度も使う必要があったりで大変でした
修練才能を人形術のキャラとそれ以外のキャラで修練してみたのですが、やっぱり数字ランクになってくるとより大変さを感じましたw
未知のものを試してみたいというはじめの勢いがあったから一気にあげられたんだなーと思いました
後はマリオネットランクや操縦術をあげると期間限定でもらえるという専用タイトルの影響もありますね!
専用タイトルは名前の右のピエロアイコンです



はじめはヒューのいる一列分の区画が追加されていたのかと思いきや、その裏側にもNPC達が追加されていたのですね

人形店へやってきた親子や騎士風な人、貴族っぽい人と様々なタイプの人たちがやってきているようです

貴族っぽい人、よくみたらオネニーサマっぽい!?

そんなに人形をじっくりながめて果たして誰にプレゼントするものを選んでいるのか、はたまた自分用なのかキニナル所です

スポンサーサイト
  • 2017.05.04 Thursday
  • -
  • 19:28
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック