1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>




--FF14
Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

--マビノギ
© Nexon Corporation and Nexon Japan Co.,Ltd. All rights reserved



--TERA
Published by NHN Japan Corp. Copyright © BlueholeStudio Inc. All rights reserved.

浮かぶ石の上で
オネニーサマに誘われて アルマレンシアからペガサスで移動した先にあるアカルムという場所にやってきました
アカルムは雪の降る寒そうな雪原地帯なんですね

ふたりとも薄着で寒くないのかとっても心配です
ボクにはこの自慢の毛皮があるので寒さもどうって事ないのさ〜

いつもと違った場所を観光してみないか?という事でやってきた新たな土地
果たしてどんな景色がまっているのか楽しみで仕方ありません



MAPをひたすら端の方まで移動してみると、石が階段状に浮遊する場所を発見

これは、確か 砂境の休憩地 にもありましたね
そうなると同様に登る事ができるのでしょうか

もちろん、試してみたくなりますね!


登り始めの段差部分がとても登りにくく、もしかしてやっぱり登れないのかな?
と思いましたが、運よく登れてコツをつかんでみれば次々と行けそうな感じ

よーし、みんなで終端の場所まで目指してみましょうか♪


登っては落ちて、登っては落ちて を繰り返し 徐々に登れる距離を進めていきます

何度も繰り返していくうちにどう飛んだら効率よく進めるのかもわかってきて

見事全員登りきる事ができました!!



先に登っていた パンダとようじょは、最後のひとりがやってきたのにも関わらず勝手にやってる自由奔放なギルドですw

小さな足場にみんな仲良く並んで中空からのきれいな眺めを堪能します

雪景色なこの地域なりのほかとはまた違った、空の景色はまた綺麗ですね〜
厚い雲からもれる光のカーテンがいい具合ですよね (ノ´∀`*)

沢山の石を登り渡ってきた訳ですが、終端まできてみるとはじめに登った場所がわからないくらいに遠くからきたものですねー

4人乗っても落ちない、不思議な浮遊物体
果たして一体何の為に作られたものなのか
MAP上でも端なので、今後のアップデートでこの続きの道が追加されるのかな等と想像が膨らみますね!
またもやお話を進めたりレベルアップして強くなっていくものとは全くもって関係ないほのぼのした一日を楽しんでしまいました (ノ´∀`*)

横から見るとこんなにも傾いています
意外にオネニーサマの方が重い?

ふっふっふ、こうして無防備な後姿を見ちゃうといたずらしたくなりますよね


へへっ、つついちゃうんだもんね〜♪



あっ・・・・



見事に避けられて 落ちたのはボクでした(*ノノ)

スポンサーサイト
  • 2017.04.09 Sunday
  • -
  • 20:53
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック