1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>




--FF14
Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

--マビノギ
© Nexon Corporation and Nexon Japan Co.,Ltd. All rights reserved



--TERA
Published by NHN Japan Corp. Copyright © BlueholeStudio Inc. All rights reserved.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.05.04 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

マビノギ劇場
 いつ頃だったのかは忘れたけれど、確かFF14の世界へばかり遊びに行っていたあたりの時期にマビノギに実装されていた シェイクスピア作品を体感できるようなクエストを今更ですがはじめてみましたよ


クエストのはじまりはティルコネイルにいる村長さんと話しかける事からはじまる

不思議な羽を試しに使ってみるとまるで蜜蝋の羽を使った時と同じように
どこかへと一瞬にして移動できるようだ

ただし・・・
飛ばされた場所は行ったこともない、ここがどこなのかよくわからない世界

綺麗に晴れ渡った空が広がっているかと思えば、
雷雨が轟き降りしきるそんな空もすぐ隣に存在するはっきりしない風景


そんな謎の空間の中央に位置する場所に仮面をつけたひとりのイケメンがいた

とりあえず胸元のボタンがとれちゃってるのかはだけすぎて気になったので声をかけてみた
すると、1冊の本を頂いてしまったのであった
この本にはHAMLETと書かれていた

それほど遠くない、ここからも見える位置にある大きな建物
劇場とよばれるその建物へと向かい、先ほど頂いたHAMLETの物語を進めていくようだ



劇場内に入ると、ほぼ自動的に物語が進んでいくようだ
あ、ちょっと、ボクまだ全部セリフ読みきれていない><
と、やや早めにセリフが流れていってしまうのが問題だな〜と感じたりもしたものの
スクリーンショットをしっかり撮っておけば、あとで振り返って見れるし問題なしだね!

ほうほう、これがマビにて再現されたハムレットさん
とはいえハムレットのお話まともに知らなかったりするので他のハムレットさんはよく知りませんw
これまたさっき以上に胸元がはだけすぎでけしからんですね(*ノノ)チラチラッ


もちろん、ただぼ〜っとお話を眺めているだけではなくて
自分自身もこの物語の一部として、時としてこうして戦闘もあったり、


役になりきって、タイミングを合わせてセリフをしゃべってみたり、



見つからないようにこっそりと尾行してみたりと

ただ単に戦闘して倒してお終いといったものではないので、楽しくお話を進められるのはいいものですね
果たしてボクの役での立ち位置はどういったものなのかが謎でしたけど
きっと、場面場面で役割が違ってきてるせいなのでしょうか

このシリーズは他のメインストリームのクエストとは別の位置付けがされてるみたいで、
他は全然進めていない>< といっても楽しめたのでよかったです

スポンサーサイト
  • 2017.05.04 Thursday
  • -
  • 12:04
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック